トランプ政権その後(他人のことは言えない、法人税・他

 26日朝日。米国、入国制限に非イスラム北朝鮮ベネズエラを追加する。

→ 北とか、元からビザが要るんだから、ビザを出さなければ良いだけでは?象徴的な意味?

 26日朝日。クシュナー氏、政権幹部とのやりとりを(この件で批判されたクリントン氏同様)私用メールアドレスで行っていた。弁護士が認めた。

→ やりたくなる気持ちも分かるし、違法でもないらしい。でもセキュリティの観点から不適切。まぁ内容にもよるけれど。

 27日朝日。メール問題。クシュナー氏だけではなく、イバンカ大統領補佐官(大統領の娘)などトランプ政権中枢の少なくとも6人が、クリントン同様のメール問題を抱えている。NYTが伝えた。

→ 他人のフリ見て我がフリ直せ。他人のことはまったく言えないよね。

 28日読売・朝日・毎日。トランプ政権と共和党は、連邦法人税率を35から20%に引き下げることを軸とした税制改革案を発表した。ただし財源は示さず。

→ 痛みを伴う部分は合意出来なかった、と。トランプ政権らしい。

 28日東京夕刊・朝日夕刊。トランプ政権、18年度(17年10月〜18年9月)の難民受け入れ上限を4万5千人に抑制する方針を議会に報告した。過去数年は7〜8万人で、この数字は過去最低水準。

→ なんだかなぁ、と思うけど、日本にこれを批判する資格はない。

 30日各紙夕刊。トランプ大統領、チャーター機の不正利用を理由に米・厚生長官を事実上更迭。閣僚が辞任に追い込まれたのは初。オバマケア撤廃法案が進んでいないことも一因か。

→ 不正、というか金銭感覚がおかしい人だったみたい。こんな人を、弱者保護も任務の一つである厚生長官に就けること自体が間違ってる。