『奇跡の指導法』藤重佳久・著 ポプラ社

「通用するんだよ。この子たちは大好きな音楽でプロになれる。で

も、それを信じていないから、普通の社会人になって行くんだ」

この話を聞いて、自分は絶対に後悔しない人生を歩もう、真

っ直ぐに夢に向かって行こう、そう思ったのです。

吹奏楽で全国金賞10回、新赴任先の高校を1年目で全国大会に導い

た、活水学院吹奏楽団音楽総監督、藤重佳久さんによる、『奇跡の

指導法』です。

音楽の「背景」をつかまないと、楽しむことができない

相手に合わせた声の大きさ。相手に合わせた声質。これらに気を遣

いながらあいさつできるかどうかが、そのまま「音楽の質」に直結

するのです

生徒が自分の心で感動し、自分の心で喜び、自分の心で悲しんだこ

とがなければ、音で表現することはできません。生徒自身のなかに

「伝えたいもの」がなければ、どんなに優れた技術も意味をなさな

いのです

指導の第一歩は「いい音」を聞かせること

映像を見ながら、私は生徒たちに「この演奏はどこがいいと思う?」

「あなたたちの演奏とどこが違う?」と問いかけます。

問いかけると、生徒たちは考えます。DVDの中の演奏者のように

演奏するために、自分たちはどのような練習を積めばよいのか──。

それを考えるだけで、DVDの中の演奏者たちと自分たちの「差」

は縮まっていきます。たとえ前年のコンクール優勝校でも「雲の上

の存在」ではなくなるのです

私は、人間としての幸せは、目標に向かって一生懸命にがんばって

いる、その瞬間にあると考えています

意識の低い人には「がんばり方」を教える

個性は「芸術」に必要です。誰しもが、「あなたはどんな考えで、

どうしたいの」っていうことを聞きたいのです。そのときにすっと

答えが出ない人は、魅力的ではありません

ふと時間が空いたときは、生徒たちの写真を見ることにしています。

一人ひとりの顔を見ながら、「この子は今日ほめたな」「この子は、

ここ2日ぐらいほめていないかもしれないな。今日は注目して見て

みよう」と確認をするのです

1分あれば練習できる

忍耐力のない生徒にロングトーンを課すのは効果的ではありません。

すぐに飽きて、投げ出してしまうからです。忍耐力のない生徒には、

それよりも、面白い曲をたくさん演奏させるほうが、効果的な指導

となります

どうしても勝利至上主義になってしまうのが世の常です。しかしそ

れよりも、生徒の今後の人生のために重要なのは、人間の優しさに

触れたり、本物の感動に出会ったりすることなのです